宗教上家系ラー食

宗教上の都合家系ラーメン食べます。

仕事関係のIT情報(ソフト、ハート、ガジェット、周辺機器)から趣味の写真、株、バイク等幅広く何でも書いていく備忘録的ブログです。

MENU

DB接続記述を別ファイルにして汎用的に読み込む方法

f:id:AoiKugayama:20200402175834p:plain

今回はDBの接続の記述を別ファイルに記述して読み込むことをしました。
これにより、接続情報(DB名、パスワード等)が変わった時には
この1ファイルだけ変更すればOKなので管理が容易化されます。

 

外部ファイルの読み込みは下記記事で記載しているのでcheck it out!👇 

aoikugayama.hatenablog.com

通常のDB接続記述

<PHP>

//PDOでデータベースへ接続
try {
$pdo = new PDO("mysql:dbname="DB名"_name;host="ホスト名";charset=utf8","user","pass"));
$pdo->setAttribute(PDO::ATTR_ERRMODE, PDO::ERRMODE_EXCEPTION);
 $sql = $pdo ->prepare("SELECT * FROM hoge");
 $sql->execute();

} catch (PDOException $e) {
die($e->getMessage());
}

別ファイルにして読み込む場合

<php-読み込みファイル>

function db($dbname){//DB名を引数として受け取る
 //DB接続
 try {
  $pdo = new PDO("mysql:dbname="$dbname"_name;host="ホスト名";charset=utf8","user","pass"));
  $pdo->setAttribute(PDO::ATTR_ERRMODE, PDO::ERRMODE_EXCEPTION);
  return $pdo;
 }catch (PDOException $e) {
  echo $e->getMessage();
  return $db = null;
 }
}

 <php-実行ファイル>

<?php
 require_once("読み込みファイル.php"); //DB接続情報の読み込み
 $pdo = db("DB名");//DB名を引数として渡す
 $stmt= $pdo->prepare ("SELECT * from hoge");
 echo $stmt->execute();//クエリ実行
?>

読み込みファイルと実行ファイルを分ける事で再利用がしやすく、コードもスッキリしました。
読み込みファイル読み込み後、db()関数を呼び出す時に引数で接続DB名渡します。
DB名を渡すことで、読み込みファイルでそのDBに接続してくれます。
複数DBを扱う場合にこの書き方をすれば、DBの接続情報が変わった場合にも再利用出来るメリットがあります。
一つのDBしか使わないよという場合は、引数は無くして接続DBは直打ちでOKです。

 

IT企業勤務でブラックな会社の人は、未払金を勝ち取った記事で方法紹介してます👇

aoikugayama.hatenablog.com

aoikugayama.hatenablog.com

HTML、CSSJavaScriptのTipsは下記記事をCheck It Out!👇 

aoikugayama.hatenablog.com

aoikugayama.hatenablog.com

aoikugayama.hatenablog.com

 

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ 

よかったらブログの登録で応援よろしくお願いします❗

このブロク《宗教上の都合家系ラーメン食べます

ぜひお願いします⇛

もう一つ運営してます。《くがやまあおいのお薬出しておきますね。

こちらもぜひ⇛